ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーランス大学 > 職種 > サーバーエンジニアがフリーランスとして独立するために身につけておきたい10のスキル

2016-10-31

サーバーエンジニアがフリーランスとして独立するために身につけておきたい10のスキル


01

サーバーの運用や監視など、裏方業務のため一見地味に見えるのがサーバーエンジニアの仕事です。しかし、オープンなWebサービスであろうが、社内向けの業務システムであろうが、サーバーなしでは存在しえません。そのため、サーバーエンジニアの需要は常に高く、フリーランスでも仕事を得やすい職種です。

そこで今回は、独立してフリーランスとして活躍していきたいサーバーエンジニアが身につけておくとよい10のスキルを紹介します。

サーバーエンジニアの業務内容

サーバーエンジニアの仕事は大きく2つに分かれます。ひとつ目はサーバーの構築・設計や配線作業といった業務、もうひとつはサーバー監視や障害発生時に復旧を行うといったサーバーを保守する業務です。

両職種とも独立しても仕事はある

今やWebサーバーやメールサーバーあるいはデータベースサーバーなど、ビジネスにおいてさまざまなサーバーがあらゆる場所に導入されています。また仕様やOSもサーバー毎に異なり、エンジニアの必要性は日々増しているといっていいでしょう。フリーランスとして独立しても多くの案件獲得の機会に恵まれるのがサーバーエンジニアの仕事です。

サーバーエンジニアがフリーランスとして独立するために身につけておきたい10のスキル

それでは、サーバーエンジニアとして独立して事業を行う際に必要となるスキルを具体的に見ていきましょう。IT関連スキルから属人的スキルまでいろいろ必要であることを確認してください。

①サーバーを構成するハードそのものに対するスキル

サーバー構築の際には、ハードウェアのスペックや処理能力などを考慮して選定しなければなりません。プロジェクトの予算や用途、設置スペースなどを総合的に見極めて適切な構築を考えるスキルが大切です。

②ネットワークに関するスキル

サーバーはネットワークを介し他の機器やデバイスと接続するものです。また、サーバー群に冗長性を持たせたり、セキュリティ対策を施す際にもネットワークに関する知識は必要になります。ネットワークエンジニアではないので高度な専門知識はいりませんが、最低限CCNAレベルの知識を必要とします。

③OSに関するスキル

サーバーに使用されるOSは複数あります。メインはwindows系とLinux系ですが、幅広い仕事を受託しようとした場合は両方の知識を必要とします。片方だけだとゼロベースの構築は行えても、増築や移設といった案件には対応できないためです。

④アプリケーションに関するスキル

メインの用途であるWebアプリケーションやメールアプリケーション、あるいはクラウドサービスに関する知識は持っておく必要があるでしょう。設定であろうが保守であろうが、アプリケーションに起因する不良に対処するためです。

⑤障害を切り分けるスキル

保守業務の場合、よくわからないけど動かなくなったというトラブル対応依頼が多くあります。原因がサーバーにあるのかネットワークにあるのか、あるいは電源なのかなどをすばやく切り分けて判断する能力が求められます。

02

サーバーエンジニアには属人的なスキルも必要

ここまでITスキルを中心にピックアップしましたが、サーバーエンジニアとして活躍するためにはそれ以外のスキルも必要です。ITスキル以外に分類される必要スキルを見てみましょう。

⑥24時間体制で仕事ができるスキル

保守業務の場合、いつサーバーにトラブルが起きても対応できるように24時間体制で現場に駆け付ける必要があります。もちろんずっと起きているわけにはいきませんが、緊急連絡があったら即座に身支度を整えて現場に向かうスキルは必須です。

⑦体力と持久力

重いサーバーを持ち運んでセッティングしたり、サーバールーム内では窮屈な姿勢で作業したりすることが多い仕事です。また、勤務も不規則になりがちであるため、筋力や持久力が必要となります。

⑧コミュニケーションスキル

サーバーエンジニアは機械を相手にするだけの仕事ではありません。お客様やネットワークエンジニア、あるいはアプリケーション担当者とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要があります。人と向き合い要望をくみ取るスキルは必要不可欠です。

⑨説得スキル

例えばアプリケーションサーバーの新規導入の場合、お客様の決定優先順位はアプリケーションにあります。決められた予算の中でアプリケーションのコストは動かせないため、そのしわ寄せは大抵サーバーにきます。予算不足を認識したらお客様の説得を行わなければなりません。説得力は後々の自分を楽にするために必要です。

⑩学習スキル

ネットワーク業界の技術進歩は早く、常に最新のテクノロジーを身につけていかなければ取り残されてしまいます。貪欲に新しい知識を学ぶ力は何よりも大切かもしれません

おわりに

いかがでしたか?

ネットワークエンジニアとして生きていくためには、専門スキルだけでは生き残れません。ITに関する知識と共に人間力や対応力を高めることが成功へのカギとなるのです。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社