ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーランス大学 > コラム > 目指す前に仕事内容を知っておこう。ITエンジニアの職種9個の違い

2017-01-31

目指す前に仕事内容を知っておこう。ITエンジニアの職種9個の違い

01


ひとくちにITエンジニアといっても、そのカテゴリーには多くの職種が存在することをご存知でしょうか?フリーランスの案件募集サイトや求人募集サイトではITエンジニアとひとくくりにされているケースも散見されますが、実はITエンジニアにも多くの職種があり、フリーランスとして活動する場合にはそれぞれ深い専門性を問われることとなります。

そこで今回はこのITエンジニアというカテゴリーについて、それぞれの職種の特徴や仕事内容をご説明します。

ひとくちにITエンジニアといっても職種によって仕事内容が異なる

ITエンジニアとして独立することを目指して頑張っている方も多いと思います。しかし、フリーランスとして活動する場合、ITエンジニアというカテゴリーはあってもそのような職種はないと認識しておいた方が良いかもしれません。

現在ITエンジニア分野で活動している多くのフリーランスはそれぞれ専門分野を持っており、その専門分野でしのぎを削っているのです。例えていうなら、医者というカテゴリーに、内科医・外科医・放射線医・麻酔医などがいるといえばわかりやすいでしょうか。

同じ医者でも専門分野があり、それぞれ協力しながら業務をおこなっています。それと同様にITエンジニアもいくつもの職種に分かれているのです。

ITエンジニアの職種9個の違い

では、具体的にどのような職種があるのでしょうか。ITエンジニアの仕事として紹介されているさまざまな情報を基に、以下9つの職種に分類しそれぞれの仕事内容について解説いたします。

1. システムエンジニア

クライアントとの打ち合わせを基にした仕様書の作成や要件定義など、最適なシステムの立案・設計から開発までをトータルで担う仕事です。場合によっては従事するスタッフのマネジメントも担当することもあります。比較的コンサルティング要素が強い職種です。

2. プログラマ

システムエンジニアが作成した仕様書をベースに、仕様に沿ったプログラミング言語を使いシステムを構築する仕事です。使用言語は数多く、プログラマは自分の得意とする言語を複数マスターとしているのが普通です。

システムエンジニアの下流工程を受け持つこととなりますが、小規模プロジェクトの場合、システムエンジニアと兼務することもあります。

3. データベースエンジニア

顧客情報や商品情報など、システムのデータベースを構築する業務を担います。扱うデータを整理し、どのように引き出すかを考える能力が要求され、OracleやMicrosoft SQL Serverなどに関する知識が求められます。

4. ネットワークエンジニア

ネットワークシステムの設計・運用・管理をおこなう仕事です。システムを効率的に運用するために、セキュリティ面に配慮しつつ情報ネットワークを構築することとなります。CCNAやCCNPといったシスコ系の資格や応用情報技術者などの資格を求められます。

02

5. セキュリティエンジニア

コンピュータウイルスや情報漏洩の防止について専門的見地から設計・運用をおこなう仕事です。個人情報漏洩は企業の経営を左右する事案となりがちであり、外部からの攻撃を厳重に警戒しなければなりません。情報保護社会の到来とともに需要は急拡大しています。

6. インフラエンジニア

サーバエンジニアと呼ばれることもある仕事です。システムを運用する機器の選定や構築、あるいはデータセンターにおける保守業務などをおこないます。保守業務の場合、複数の人員が交代制となり24時間365日体制で対応することもあり、会社によってはネットワークエンジニアと兼務することもあります。

7. フロントエンドエンジニア

主にweb制作の現場で力を発揮する仕事です。JavaScriptやHTML5/CSS3、PHPなどさまざまな言語を使い構築されるwebですが、高度なプログラミングに依存することなく最終的な仕上がりやメンテナンス性を意識して調整することも必要です。このようにwebの完成形から逆算して構築に落とし込みコーディングするスキルが求められます。

8. 組み込みエンジニア

カーナビや電子手帳など、パソコン以外に情報を処理する機器のプログラミングをおこなう仕事です。機器専用のプログラミングを必要とするため独自のスキルが求められます。C言語やアセンブラ言語などを使用するケースが多い職種です。

9. セールスエンジニア

営業職として、システムに詳しい説明~提案をおこなう仕事です。開発現場で使用される専門用語を理解し、適切なコスト算出をおこなうスキルが求められます。また、プロジェクト進行中の工数調整やクライアントからの仕様変更を現場に伝える役目も担います。

おわりに

システムエンジニアにはさまざまな専門職種があり、それぞれがプロフェッショナル意識を持って仕事をしています。ITエンジニアでも目指す道は複数あります。自分の興味関心や得意分野など、自己分析を十分におこない目指すべき方向性を見つけてくださいね。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社