ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーランス大学 > コラム > これじゃ将来が不安!貯金できないフリーランスが見直すべき8個の悪い習慣

2017-02-28

これじゃ将来が不安!貯金できないフリーランスが見直すべき8個の悪い習慣

01


フリーランスで働いていると、将来に対する金銭面の不安が常に脳裏をよぎります。「身体が元気なうちはいいけれど、何かしらのアクシデントや病気で仕事が続けられなくなったら・・・」と考えるだけで不安に押しつぶされそうになるときもあるでしょう。

万が一、収入が途絶えてしまったときのために、常日頃から貯金しておくことが必要不可欠です。そこで今回は「フリーランスと貯金」について考えてみます。

収入が不安定なフリーランスこそ貯金が必要

サラリーマンと異なり、有給休暇も育児休暇も休業補償もないフリーランスには、もちろん退職金もないため、普段の生活ばかりではなく、老後の生活にも不安を感じやすいものです。また、仕事量によって収入も前後するため、決して安定しているとは言い難く、不安定な収入という前提の上で人生設計を組み立てる必要があります。

このようなフリーランスの不安定さを解消させるのが、貯金です。フリーランスにとっての貯金は精神的な安定をもたらすとともに、病気やけがなど、万が一の際に安心して仕事を中断し、復帰に注力できる存在となっています。

貯金ができない人が見直すべき8個の悪い習慣

ところが、フリーランスで働く人の多くは、計画的な貯金ができていない傾向にあります。実はフリーランスばかりではなく、サラリーマンにおいても同様で、全体的に低所得化傾向が進み、全ての年代において思うように貯金ができていないのが実情です。

一方で、低所得者でもしっかりと貯金ができている人もいます。この違いはどこにあるのでしょうか?それは、貯金ができない人にはいくつかの「悪い習慣」が身についていると考えられます。では、具体的にどのような習慣が貯金できないことにつながるのかを見ていきましょう。

①ストレスのかかる節約をしている

貯金はすなわち、何かの消費を我慢することいえます。つまり、節約しなければ貯金はできません。この節約が自分に合ったプランであれば問題ないのですが、合わない節約術であった場合、大きなストレスを感じます。

人間は、ストレスに晒され続けても大丈夫なようにはできていません。上手にストレスを発散しなければ、精神的に不安定になります。自分に合わない節約をしていると、それが「衝動買い」などの形でストレス発散につながり、かえって貯金ができなくなってしまうという事態につながるのです。

ダイエットに例えればわかりやすいでしょうか。何よりもパスタが大好きなのに、炭水化物抜きダイエットにチャレンジしてストレスが溜まり、気がついたらパスタ専門店で大盛をオーダーしてしまったという感じです。

まずはメディアで紹介されているさまざまな節約術をいろいろ試してみて「これは合ってるかも!」や「あ、これは自分に合わないな」と思うもの判別し、自分に適しているものを見つけられるように工夫してみてください。

②面倒くさいことを後回しにしている

自分の毎月の生活費を見直した際、少し工夫すれば出費を抑えられる部分はどの家庭にもあります。たとえば保険の見直しや携帯通話料の見直しを行えば、毎月数千円単位で節約が可能です。

しかし、これらを実際に見直すには手間がかかります。保険の見直しについても、プランや料金など見積もりを取り寄せて比較検討しなければなりませんし、携帯電話の見直しもMNP手続きや格安SIM契約などが必要になり、時間がかかってしまいがちです。つまり、何かと「面倒」ですよね。

とはいえ、面倒くさいことをついつい後回しにしてしまうクセがついていると、いつまでたっても節約はできません。たとえば、毎月8,000円ほど支払っている携帯電話料金を格安SIMに見直すだけで、3,000円程度に抑えることができるとしましょう。これで月5,000円、年間60,000円の節約です。面倒くさいというだけで、毎年60,000円ものお金を浪費するのはもったいないですよね。

③毎月の収支を管理していない

毎月どれだけの生活費が最低限必要か、しっかりと把握していますか?

家賃や税金の支払いなど決まった金額のものから、食費、水道光熱費などの変動する金額も含めて、毎月いくらあれば「最低限の生活」ができるのか、自分の生活レベルを把握している人はしっかり貯金ができている傾向があります。逆に、あればあるだけ使ってしまうような家計管理をしている人は、貯金ができません。

まずは簡単な家計簿をつけ、毎月何にどの程度消費しているかを把握しましょう。その上で、どこが節約ポイントなのかを考え、生活レベルを落とさずに無理せず貯金できるポイントを探し出してみてください。

また、フリーランスが陥りやすい罠として、「毎月の報酬=自分の収入」と考えてしまう点があげられます。フリーランスにとっての収入は、毎月の報酬から経費や先行投資を引いた額です。先行投資があってこそ事業の発展がありますので、その点はご注意ください。

④自分へのご褒美が多い

「頑張った自分へのご褒美」と称して無駄使いをする人は、お金が貯まりません。もちろん、ヘトヘトになるまで頑張ったときや大きな仕事が一段落した際には、自分にご褒美をあげたくなるときもあるでしょう。それであれば問題はありません。

しかし、頑張っていないなぁと自分で感じるときにもご褒美として無駄遣いをしているようではダメです。自分へのご褒美は、真剣に頑張って大きな仕事をやり遂げたときだけにしておきましょう。

また、自分へのご褒美がないとストレスが溜まってやめられないという人は、ご褒美の内容を見直してみてはいかがでしょうか。高額なブランド物を買うのではなく、普段飲んでいる発泡酒をご褒美の日だけビールにするといったような、ちょっとした贅沢でもご褒美気分は味わえるものです。

02

⑤衝動買いが多い

貯金ができない最も大きな原因でもある衝動買いです。熱しやすく冷めやすい人に多く、買おうとしているものが今の自分に本当に必要なのかを、じっくり考えずについ手を伸ばしてしまう人がいます。

熱中していて後先考えず買ってしまったもののなかには、後になって振り返ってみると「なぜ買ったのだろうか?レンタルで済ませれば良かったのでは」と思ってしまう、そんなものがあるはずです。

数十円のものならいいですが、数千円~数万円単位のものは、買う前にもう一度踏みとどまって「本当に今必要なのか、買わなければいけないものなのか」を考えるクセをつけましょう。

⑥収入の低さを言い訳にしている

フリーランスとしてしっかり稼いでいる人は一握りです。多くのフリーランスの収入は同年代のサラリーマンと比べて、トントンもしくは若干低いのではないでしょうか。

しかし、たとえ収入が低くても貯金はできます。収入が低くて貯金ができないというのは言い訳に過ぎません。このような人は、「消費税が上がったから」「お祝い事が続いたから」「習い事を始めたから」などと、常に貯金ができない言い訳を探している傾向にあります。

言い訳をしても貯金はできないことを認識し、どうやって節約するかを考えてみましょう。

⑦クレジットカードの利息を把握していない

クレジットカードは非常に便利です。手持ちのお金がないときでも、カードが1枚あれば欲しいものを手に入れることができます。しかし、一括払いならまだしも、分割払いだと金利が上乗せされ、総支払額が高くなることを意識している人はどれだけいるでしょうか。

特に、今流行りのリボ払いには要注意です。毎月の支払額が固定されるためわかりにくいですが、利息計算をするとびっくりします。仮にリボ払い金利18%で毎月5,000円返済コースとして、10万円の買い物をしたとします。この場合、支払総額は120,649円と、利息だけで2万円を超えてしまうのです。初回支払いは元金2,900円に対して利息は2,100円。ちょっとびっくりですよね。

10万円の利用ですらこの実情ですから、もっと買い物額が増えてしまったら、すさまじい額の利息を取られることになりますよ。貯金をするためには、クレジットカードの支払いは一括払いに限定して利用したほうがいいでしょう。

⑧意識高すぎ君になっている

フリーランスにとって、人脈構築は事業の発展のために必要不可欠です。しかし、セミナーや勉強会にどんどん参加すればいいとは限りません。また、参加費用が高ければそれだけ役に立つともいえません。

人脈をつくることに熱心になるのはいいですが、本当に必要な勉強会・交流会なのか、参加費は妥当なのかを、今一度考えてみましょう。特に著名人を招いての講演会などは、参加費が万単位になることも珍しくありません。

結果、単なる名刺交換だけに終始してしまったとなれば、目も当てられないでしょう。それだけの利益を稼ぐためにどれだけの仕事をすればいいのか、冷静になって考えてみることが必要です。

おわりに

フリーランスになったら、まずは貯金体質になることを意識しましょう。一寸先は闇です。何が起こるかわかりません。もしものときのための貯金は、きっと安心してフリーランス生活をしていく上での支えになります。

毎月コツコツと、たとえ少額でもいいので貯金していくクセをつけましょう。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社