ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーランス大学 > 職種 > テストエンジニアの必要性の高まりと、スキルアップの方法は?

2016-07-29

テストエンジニアの必要性の高まりと、スキルアップの方法は?


f:id:futurizm:20160729213201j:plain

テストエンジニアは、以前はテスターと呼ばれ、システムの開発で様々なテストを行うことで、不具合(バグ)を見つけるのが仕事です。 事前に多数のテストを行うことで、製品が正常に作動するかチェックして品質を確かめ、市場に出すことになります。

製品開発で、製品の動作確認を行い欠陥や不具合を見つけ、改善策を立てたり提案を行うことで、より高品質な製品を作り上げていくことに貢献するのがテストエンジニアです。 行うテストは、Web系、オープン系、組込系、制御系、汎用機系、基幹(業務)系など、担当するシステム開発によって異なります。

また、所属する部署も、メーカーの品質保証部、Webアプリの開発会社、テスト専門の企業など、業種ごとに様々なタイプのテストエンジニアがいます。 テストの分析や設計まで、一連のテストに関わる業務に携わる人がテストエンジニアなのですが、日本の場合、テストの実行だけを担当する人がテストエンジニアと呼ばれることが多いようです。

プログラミングのスキルは必ずしも必要ではありませんが、テストの対象となるものをよく知らなくてはテストの設計はできないので、コンピュータがどんな仕組みで動いているのか、最低限把握しておかなければいけません。

日本の場合、テストエンジニアの歴史はまだ浅いのですが、アメリカでは多くのテストエンジニアが活躍しています。 日本も、今後はテストエンジニアの重要性が高まるものと見られています。 テストエンジニアは、高度な技術と高いスキル、さらに難解な知識も必要となるので、資格は欠かせません。

JSTQBは、各国のテスト技術者認定組織で成り立っている世界的な組織で、この機関が実施している、ソフトウェアテスト技術者資格があれば有利となります。。 資格は3段階の難易度に分かれ、一番上位のAdvanced Levelはまだ実施回数が少ないこともあり、合格率は10%を切っていて、かなり難しい資格となっています。

まずは企業の開発部門などで基礎的なスキルを身につけ、徐々にスキルアップを目指すのも良いでしょう。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社