ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーランス大学 > 職種 > サーバーエンジニアの仕事の流れと、必須のスキルは

2016-07-29

サーバーエンジニアの仕事の流れと、必須のスキルは


f:id:futurizm:20160729212847j:plain

サーバーエンジニアは、ネットワーク上で他のパソコンに様々な機能、サービスを提供するサーバーを構築・運用する人です。 コンピューターシステムを運用するサーバー機器の構築と、サーバーの運用・保守作業が主な業務となります。 まずネットワーク回線の通信速度や利用する電源の容量、経費など、プログラマーと相談しながら運用しやすい構成を考えます。

また、サーバーラックにサーバー機を挿入して固定するラッキングも重要な仕事で、メンテナンスがしやすいよう配慮しながら設計を行わなければいけません。 これ以外、OSやサーバーアプリケーションのインストール・設定なども行い、利用するサーバーに合わせたアプリケーションを選択して設定します。

サーバー構築後は、運用しながら状況に応じて変更を加え、管理も行い、何がしか障害が起きた際は原因を調べ、新たに問題が起こらず運用できるよう復旧作業を行います。 サーバーのセキュリティ管理も重要な作業で、サーバーの状態を常に良好に保つことが、サーバーエンジニアの大事な役割です。

サーバーは、WWWサーバー、メールサーバ、ファイルサーバ、データベースサーバー等、使用するサービスごとに様々な種類がありますが、OSやセキュリティ、ネットワークに関するスキルは必要不可欠となります。 WindowsLinuxなどのOSの知識のほか、セキュリティの知識も求められます。

システムエンジニアやネットワークエンジニア、サービスを提供する顧客など、人と接する機会も多いので、コミュニケーション能力も大事です。 OSやネットワーク、セキュリティなどの知識・スキルが必要なのはネットワークエンジニアと同様で、キャリアの中でサーバーエンジニアとネットワークエンジニアの両方をを経験する人が多いようです。

未経験でサーバーエンジニアを目指すのなら、まずサーバーの監視・運用などの業務からはじめ、ある程度経験を積んでから上流工程のサーバー設計にキャリアアップする形もあります。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社