ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーランス大学 > 職種 > ネットワークエンジニアに必須のスキルと、やりがいは?

2016-07-29

ネットワークエンジニアに必須のスキルと、やりがいは?


f:id:futurizm:20160729212055j:plain

ネットワークエンジニアは、システムエンジニアの一種で、主にデータ通信に特化した情報処理技術者のことを指して言います。 コンピュータネットワークのシステムの設計から初期設定、テスト、さらに運用・保守、ネットワークプログラミングなどに従事します。

個々のコンピュータをスイッチやルータなどの専用機器に接続し、専用機器を介し、各コンピュータのデータがスムースに送受信できるネットワークシステムを構築します。 ネットワークシステムの設計、構築、運用が主な業務であり、各コンピュータをネットワーク機器に接続するためのLANケーブルの敷設や物理的な接続を行う人は、LAN配線業者と呼ばれます。

また、WindowsLinuxUNIXなど各種サーバーの技術者は、サーバエンジニアと呼ばれます。 データ通信を介し、UNIXLinuxWindowsなどの様々なサービスを提供するためのプラットフォームや、これらの環境で稼動する、ファイアウォールDNS、MTA、ルータ、スイッチなどの特性をよく理解し、スムースに連携するよう、ネットワークケーブルや商用回線などの物理的な要素、プロトコルにも広く精通していなければいけません。

ネットワークの設計以外、中小企業だと提案、構築、保守まで一連の仕事をこなさなければいけないこともあります。 流れの速いネットワーク業界で、常に最新の情報をチェックすることが重要で、ネットワークの設計に際し、基礎的な技術と、どのネットワーク機器を使えば最適なシステムになるか、各メーカーの機器にも精通している必要があります。

各種サーバの一定レベルの知識のほか、ネットワーク機器の市場で圧倒的なシェアを誇る「Ciscoルータ, Catalystスイッチ」に関する技術力は必須となり、TCP/IP、スイッチング技術、ルーティング技術を中心とし、その他、無線LAN、ロードバランサ、呼制御サーバ、IPS等の技術力も必要になります。 それだけに大変な仕事ですが、完成したときの達成感も大きいようです。 構築後、顧客から信頼されると、別の仕事を紹介してもらえることもあります。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社