ITエンジニアのキャリア相談サイト > フリーランス大学 > 言語 > VBAのスキルは、どのような職場で活用できるのでしょうか。

2016-07-29

VBAのスキルは、どのような職場で活用できるのでしょうか。


f:id:futurizm:20160729204055j:plain

VBAVisual Basic for Applications)は、マイクロソフト社製のMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語です。 言語としての基本的な仕様は各アプリケーションとも共通ですが、処理や操作はアプリケーションごとに異なるので、Excel対応のVBAを「Excel VBA」、Access対応のVBAを「Access VBA」などと呼び分けることもあります。

VBAにより、ExcelAccess、Wordなどのアプリケーション・ソフトの機能をカスタマイズしたり、拡張することができます。 マイクロソフト社のプログラミング言語および実行環境である、Visual Basicの簡易版を用いることでプログラムの作成ができ、これらのソフトウェアの動作の一部を変更したり、繰り返し行われる定型的な作業や複雑な処理を自動的に実行することができるようになります。

マクロは、Excelや他のアプリケーションなどを、前もって決めた手順で制御する機能の名称で、マクロ機能で作成する手順を記述するときに使うマクロ言語が、VBAとなります。

VBAのスキルが求められる求人・案件

最近は、VBAを専門にできる人が少ないことから、VBAのスキルがある人の需要は高いようです。 大規模なプロジェクトには不向きですがが、中小企業のちょっとしたパソコン作業には重宝されるみたいです。

現状、VBAの開発だけでは職がないのですが、VBAが開発できれば、活用できる仕事はあるものです。 エクセルVBAの場合、月次の集計や帳簿作成などが主になるので、総務や経理関係の仕事が中心になります。

こうした職場でVBAができる人は少ないので、かなり重宝されるようです。 VBAは、オフィス用に特化された言語のようなものなので、MS製品を使うことが前提なら、VCやJAVAなどよりもオフィスアプリケーションが早く、しかも安く作ることができます。 スキルアップを目指すのなら、アクセスやデータベース関連の知識も必要となります。


カテゴリー

このサイトについて

ITエンジニア専門のキャリア相談コミュニティ【FUTURIZM】が運営するIT・Web業界で活躍するエンジニアのための情報サイトです。日々の開発に役立つ技術情報からキャリア、ガジェットまで、エンジニアに役立つ記事を発信中。求人案件/仕事情報を探しているフリーエンジニアの方はこちらへどうぞ。

人気の記事

最新記事

運営会社